雑誌の紹介

Ministry 1-3号


以前、キリスト教雑誌を取っていた。しかし、あまりに内容がないので、

というよりは、自分の聖書理解とかけ離れているので、購入することを

やめていた。しかし、最近出たMinistryはあちこちで

評判が高いので、読み始めてみた。非常に面白い。

 何が面白いか。この雑誌が、従来型キリスト教メディアの特徴である

①内部者の視点から内部者に向かって語るスタイル または、②内部者の

視点から外部者に向かって語るスタイル(伝道図書)であることをやめ、

③外部者の目から内部者(牧師や教会)に向かって語る視線を持ってい

ること、基本的な知識を分かりやすく提示するところがこの雑誌の最大の

特徴である。

 そして、キリスト教会内部に潜む問題をとらえ、その問題解決を信仰だ

けでの解決や神学的な解決だけでなく、実際的な解決を目指すための、

糸口の提供を目指そうとするところにこの雑誌の面白さがある。

 特に、30代以下の若い信者向けに、日本の近代史と天皇制の問題を、

漫画でわかりやすくポイントを突いて示している連載や、完全に外部者で

ある八木沢さんという研究者が、教会で出会った戸惑いについてポイント

をついて述べているなど、非常に面白い視点がある。

 かなり、自由主義的な神学の影響下にある教会の人々が編集会議に

携わっているようであるが、現在のキリスト教の危機感が随所に現れた

雑誌となっている。発行回数を重ねるごとに内容がよくなっているので、

とりわけ、3号がお勧めである。

 ★3つ中★3つである。ただし、値段が高いのがちょっと残念。

この記事へのコメント